老後は1億円必要なの?

604d99122553e0ff1c1ef5aea24c33db_s老後の生活費っていくら必要になるのか計算したことありますか?

毎月の必要生活費や住居費によって変わりますが、ゆとりのある老後を送るためには毎月35万円程必要になってくる試算となります。

仮に、夫が65歳、妻が60歳で現在の平均寿命で亡くなった場合、、、

夫婦二人の間の生活費・・・約6700万円
夫死亡後の妻の生活費・・・約3000万円

合わせて1億円近くかかる計算となります。

1億円の老後必要資金のうち、年金でいくら程賄えるのかというと、

夫が35年間サラリーマンで年収420万円、妻が35年間専業主婦で第三号被保険者の場合、、、

夫婦二人の間の年金受給額・・・約3370万円
夫死亡後の妻の年金受給額・・・約1110万円

合わせても4500万円となり、ゆたかな老後には5000万円近くも不足してしまします!!

ゆたかな老後を目指さなくても良いと考えれば5000万も必要にはなりませんが、今後の物価上昇を考えると目指す目標は高い方が安全だと思います。

 

では、5000万円を65歳でいきなり準備できるのでしょうか??

多分というかほぼ無理だと思います。(65歳の時に宝くじにいきなり当選する確率はゼロですよね)

そこで必要となるのが「じぶん年金」作りです。

じぶん年金とは、言葉の通りで自分で備える老後の年金です。

やり方は様々で、毎月貯金をする、株で増やす、個人年金保険に加入する、確定拠出年金で運用する、などなどです。

どの方法でじぶん年金を作るかはそれぞれの価値観に合った方法でやった方が良いのですが、一番おススメしているのは、税制メリットが一番ある『確定拠出年金』です。

*確定拠出年金については下記の記事を参考してください。

確定拠出年金で節税と運用の両立~http://fp-i-will.co.jp/dc/

確定拠出年金の準備(金融機関の選び方)~http://fp-i-will.co.jp/dc_financial_institutions/

確定拠出年金の準備(コスト)~http://fp-i-will.co.jp/dc_cost/

確定拠出年金の準備(NISAとの比較)~http://fp-i-will.co.jp/dc_nisa/

 

じぶん年金の作成をする上で一番必要なのは、ライフプランです。
将来の必要資金を計算した上で、あなたに一番あったじぶん年金を作ってみませんか?

ライフプランとじぶん年金の導入に関して疑問があればこちらから
⇓⇓
http://fp-i-will.co.jp/contact/

 

LINEからご相談・ご予約の方はこちらへ


無料相談はこちらから

ライフプランの作成や住宅購入の相談、相続の相談などお金や夢にかかわることなら何でもお気軽にご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください