信託の活用(ペットの為に)

d4e0d4e2c14f6f5cecc2b3ed80924edb_sペットが家族の一員となり、ペット向けの葬儀やお墓などの需要もあがっているようです。

葬儀やお墓はペットが亡くなった時にすることですが、もしペットを遺して飼い主が亡くなった後のことはどうしていますか??

そこでも使えるのが家族信託です。

どのようにして使うかというと、

 

委託者件兼当初受益者を飼い主にしておき、受託者を信頼できるペット好きな相続人やペット友達に設定。
信託財産はペットとその飼育費に必要な額(例えば300万円)としておく。
二次受益者はペット好きな相続人。

このようにしておくと、最初はペットの世話を自分でしながら、認知などになり自分で世話が出来なくなったら受託者が300万円の中で世話をしてくれる。

もし飼い主が先に亡くなっても、二次受益者が管理を行う。
その後ペットが亡くなったら信託財産の残りを受益者がもらう。

 

こんな流れになりますね。

 

ペット好きでも家で飼う事が出来ない場合は、動物愛護施設に預け、その費用を信託財産から捻出する事ができるので、飼い主が生前に今後の方針を考えることができます。
またお墓も一緒に入るという選択肢も可能です。

 

大好きなペットと一生連れ添って楽しく人生を送る為に、家族信託を活用してみてはどうですか?

 

-------------------

家族信託も含めたライフプランの相談が
ご希望の方はこちらの相談フォームから
お問い合わせください。
相談は無料となっています。

⇓⇓

http://fp-i-will.co.jp/contact/

-------------------

LINEからご相談・ご予約の方はこちらへ


無料相談はこちらから

ライフプランの作成や住宅購入の相談、相続の相談などお金や夢にかかわることなら何でもお気軽にご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください