年収300万円台のマイホーム購入作成~返済比率編~

年収300万円台で希望の家を持ち、豊かな老後を目指したいあなたのためのマイホーム購入作戦

 

家を買うときに避けては通れない住宅ローンの審査。

審査をするときに金融機関がチェックする項目に『返済比率』というのがありますが、知っていましたか?

この返済比率を超えた金額の住宅ローンは金融機関の審査対象外になってしまいます。

とはいえ、審査を通すために返済比率の上限ギリギリで住宅ローンを申し込んでしまうと、今度はライフプランに影響を与えてしまします。

それほど重要な項目なので、しっかり覚えてください。

返済比率

返済比率とは年収に占める住宅ローンの返還返済額の割合となります。

金融機関によって返済比率の基準は異なりますが、フラット35の場合、

 

年収400万円未満⇒返済比率30%以下

年収400万円以上⇒返済比率35%以下

 

年収500万円の返済比率の上限が35%なので、500万×35%=175万円という計算になります。

これを12カ月で割ると、175万円÷12=14.58万円。

毎月の返済が14.58万円以下ならフラット35が基準とする返済比率の枠内に収まり、住宅ローンの審査対象としてみてもらえます。

このように返済比率は年収によって異なります。

ではその『年収』とはあなたの収入のどの部分を指すのでしょうか?

年収

年収とは税込で計算をします。

この『税込』は所得税・住民税・社会保険を引かれる前の金額。

源泉徴収票の『支給金額』の欄に書いてある金額が年収となります。

毎月勤務先から振り込まれる『手取り額』の1年間の合計を年収と思っている方が多いのですが、住宅ローンの返済比率を計算するときに使う年収とは別物となります。

その他のローン

返済比率の計算で年収500万円の返済可能月額が14.58万円となりましたが、もし自動車ローン・教育ローン、リボルビング支払いなどその他のローンを組んでいる場合はどうなるのでしょう?

その他のローンがある状態で住宅ローンの申込をした場合、その他のローンが返済可能月額から引かれてしまいます。

具体的には、自動車ローンで月2万円、リボルビングで月1.5万円の支払いを既に行っている場合、住宅ローンの審査をする金融機関としては14.58万円から3.5万円を引いた11.08万円が返済可能額の上限になります。

審査金利が4%の場合、ローンがまったく無ければ3293万円の住宅ローンが組める計算になりますが、その他のローンがあるために金融機関が住宅ローンとして貸してくれる金額が2503万円まで下がってしまいます。

もし自動車ローンが半年後に終わる予定だとしても、審査の段階での自動車ローンの返済月額がそのまま住宅ローンの返済可能月額から引かれてしまいます。

収入合算

年収によって返済比率が異なり、その他のローンがあるかどうかで住宅ローンの上限が決まってきます。

希望の家の予算までどうしても届かない場合、収入合算という方法をとることで解決できる場合があります。

収入合算とは同居の配偶者・親・子の年収を合わせて金融機関に申し込むという方法です。

細かい条件は金融機関で異なりますが、希望の家を購入する為のひとつの方法として検討しても良いと思います。

年収300万円台の返済比率シミュレーション

フラット35で住宅ローンを申し込んだ場合、

年収300万円の返済比率が30%なので、年間90万円(月7.5万円)が返済額。

頭金ゼロ円で返済期間35年を選ぶと審査金利が1.52%(平成29年9月金利)。

この条件だと、2441万円が借入可能額となります。

もし貯蓄や親族からの援助で頭金を1割準備できると審査金利が1.08%となるので、借入可能額も2622万円まで上がります。

まとめ

収入合算をするのか、頭金を入れれるか、その他のローンがあるのかどうかなど様々な条件によって借入可能額が変わってきます。

まずは自分の年収から年間返済上限を計算して、どの位なら融資を受けれるのか把握してみましょう。

ファイナンシャルプランナーとアドバイスをすると、返済比率の30%や35%はあくまで金融機関が審査を行う為の数値なので、将来のライフプランも考えると、年収の25%で収まるように住宅ローンを組むことをお勧めします。

住宅ローン以外にも教育資金や老後資金などライフプランでかかるお金はまだまだあります。

希望の家を買った為に、老後のライフプランが赤字になってしまっては本末転倒ですから。

LINEからご相談・ご予約の方はこちらへ


無料相談はこちらから

ライフプランの作成や住宅購入の相談、相続の相談などお金や夢にかかわることなら何でもお気軽にご相談ください。


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください