中古住宅を買う前に知っておくべきこと~ホームインスペクション~

「ホームインスペクション」とは、「ホーム=家」+「インスペクション=検査」。
つまり、住宅診断のことです。


空き家問題

松山でも(全国的にも)問題になっている空き家問題の解決策の一つとして、現在中古住宅市場が注目されてきていますね。

でも、中古住宅を購入する時に、雨漏りはないか、床下は大丈夫かなど色々心配になりませんか!?

そのときに利用したいのがこのホームインスペクションです

 

ホームインスペクションの内容

住宅診断士(ホームインスペクター)という専門家が、第三者の立場から、屋根や外壁、室内、屋根裏、床下などの劣化状態を診断してくれます。

診断は目視で行われて、住宅の劣化具合の他、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見極め、診断書を作成しアドバイスをしてくれます。

ちなみに、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会によると、費用は5~6万円前後が一般的とのことです。

中古住宅の流通が多いアメリカでは、州によりますが、取引の70~90%でホームインスペクションが行われています。

日本ではまだまだこれからのサービスですが、良質な中古住宅の流通を広げるために、国土交通省もホームインスペクションの普及に力を入れていくようです。

ホームインスペクションのタイミング

マイホームは基本一生に一度の大きな買い物、良い中古住宅を手に入れるためにも、契約前の利用がおすすめです。

契約をして、入居後に不具合が発覚して、、、最悪の事態に発展ということは避けた方が良いですね。

気になる中古物件があったとして、外観は特に問題が無かったとしてもホームインスペクションを検討してみてはどうでしょうか?

 

ライフプランやマイホーム購入予算に関してご相談のある方はこちら
⇓⇓
http://fp-i-will.co.jp/house/

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】
まだ登録していない人はこちらから登録できます!
⇓⇓
http://fp-i-will.co.jp/mail/

LINEからご相談・ご予約の方はこちらへ


無料相談はこちらから

ライフプランの作成や住宅購入の相談、相続の相談などお金や夢にかかわることなら何でもお気軽にご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください