自動車事故を起こした際、相手に怪我をさせてしまう恐れがあります。

 

今回は、「対人賠償」と「対歩行者等障害特約」について、ご紹介します。

 

対人賠償責任保険

自動車事故によって相手を死傷させてしまい、

損害賠償責任を負担する場合に、

自賠責保険等で支払われるべき額を超える部分に対しては、

責任割合に応じて保険金額を限度に保険金が支払われます。

 

ポイント

①保険金額は「無制限」に設定しましょう。

 

その被害額は相当な大きさになる場合もあります。

・国道を走行中のタクシーが

歩行者(41歳男性・眼科開業医)に衝突し死亡させた場合(平成23年11月・横浜地裁判決)

賠償金 5億2853万円

 

・片側3車線道路を車線変更中の乗用車が、

歩道よりのバイクに接触し、バイク運転者(29歳男性・会社員)に

後遺症障害を負わせた場合(平成17年5月・名古屋地裁判決)

賠償金 3億8281万円

 

②被害者救済費用特約をつけることで、

車の欠陥や車の不正アクセス(ハッキング)を原因とする、

契約者に法律上の損害賠償責任がない事故であっても、

保険金が支払われることになります。

 

対歩行者等障害特約

この特約を付けていれば、

車対歩行者、車対自転車といった交通弱者側の方を死傷させてしまった場合に、

対人賠償責任の保険では保証されない

相手方の過失部分」が保証されることになります。

 

通常は、相手側に過失があったとしても責任割合に対する理解が得られず、

解決までに時間がかかることが多いです。

 

しかし、この特約は

相手方の過失部分を含めた損害額を補償することが可能なため、

相手の理解も得やすく、解決が早まることもあります。

 

人身事故では、多額の賠償金請求される場合が多いため、

これらは自動車保険の柱ともいえる重要な保険です。

 

補償内容を理解し被害者のため、そして自分や家族のために

ご検討されてみてはいかがでしょうか。

LINEからご相談・ご予約の方はこちらへ


無料相談はこちらから

ライフプランの作成や住宅購入の相談、相続の相談などお金や夢にかかわることなら何でもお気軽にご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください