仮想通貨の利益に税金はかかる?かからない?

 

ビットコインをはじめとする仮想通貨を売却又は使用することによって利益がでた場合、原則として雑所得として所得税の確定申告が必要となります。

国税庁 仮想通貨に関する所得の計算方法等について(PDF)

仮想通貨に興味があるけど、よく知らないからちょっと怖いという方に向けて

仮想通貨の取引に関する内容について簡単に説明をしていきます。

 

仮想通貨の売却

持っている仮想通貨を売却して日本円に換金した場合、

仮想通貨を取得した価額と売却価額の差が利益となって、

税金がかかるようになります。

 

仮想通貨で商品を購入

仮想通貨を使って商品決済をした場合、

仮想通貨を取得した価額と商品価額の差が利益となり、

税金がかかるようになります。

商品価額は日本円での支払い総額で消費税も入れるようになります。

 

仮想通貨と仮想通貨の交換

持っている仮想通貨を他の仮想通貨に交換するために決済で利用した場合、

上の2つと同じ考えで、

仮想通貨を取得した価額と新しく購入した仮想通貨の価額の差が利益となり、

税金がかかるようになります。

 

ここまでは「仮想通貨で利益が出たら」という前提で説明をしましたが、

では損失がでた場合はどうなるのでしょうか?

 

仮想通貨の損失の扱い

仮想通貨の取引で雑所得の損失が出た場合、

総合課税として雑所得内で通算することはできるのですが、

他の所得と通算をすることはできないようです。

 

これからの新しい取引に活用が見込まれる仮想通貨ですが、

よく内容をしらずに付き合っていくのは怖いですね。

まずは知ることから初めてみましょう。

LINEからご相談・ご予約の方はこちらへ


無料相談はこちらから

ライフプランの作成や住宅購入の相談、相続の相談などお金や夢にかかわることなら何でもお気軽にご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください