社会保険料チェックしていますか?

434107de3f46157aa5cfb58825d2d151_s給料明細を見ると毎月引かれている雇用保険、健康保険、厚生年金保険。。。
その金額がどうやって決まっていて、どんなタイミングで引かれているのかについて、あまり関心が無い方が多いのではないでしょうか。

健康保険と厚生年金保険はいわゆる『社会保険料』として、もらう給料によって変動します。
変動するといっても毎月変わるのではなく、4月から6月の平均給与で「等級」が決められ、基本的にその後1年間はその等級に合わせた保険料が給料から引かれていきます。

仮に、給料が30万円の30代の愛媛県内企業に勤めている方は、健康保険料が15,045円で国民年金保険料が26,742円が毎月の給料から引かれています。
(保険料額の一覧表はインターネットで確認することができますよ)

なにが言いたいかというと、今月分の給与(来月もらう給与ですね)から国民年金保険料が若干上がるという事実です。

国民年金保険料は平成16年の法改正により、毎年すこしづつ上がることになっていて、来年の平成29年9月に18.300%になると今後は固定されていきます。

今までゆっくり上がってきたので、家計の負担を感じているかたはほとんどいないと思うのですが、平成16年の保険料率が13.58%なので、さきほど計算した30万円の保険料で計算すると20,370円。
なんと毎月6,372円、年間で76,464円も増えているのです。

保険料率は来年で固定され、また今年から社会保険加入対象者の範囲が広がるので、保険料納付額が増えてはいきますが、それ以上に年金受給者が増えていくので、更に法改正で保険料率20%!になる可能性もゼロではなりません。

そこまでした集めた年金用のお金が、私達の分まで残っていれば良いのですが、、、

 

将来のじぶんの生活はじぶんで守る時代に入っています。
無理のない範囲でじぶん年金つくりをしてみませんか!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ライフプランとじぶん年金の導入に関して疑問があればこちらから
⇓⇓
http://fp-i-will.co.jp/contact/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LINEからご相談・ご予約の方はこちらへ


無料相談はこちらから

ライフプランの作成や住宅購入の相談、相続の相談などお金や夢にかかわることなら何でもお気軽にご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください