シェアリング・エコノミーってなに??

18bb539933ca449faba8a4d501eaedf8_sシェアリング・エコノミーとは、個人が保有する遊休資産(使われていない資産)を貸し出し、それらを必要な人が利用したり、共有したりすることで成り立つ共有型経済のことをいいます。
欧米を中心に広がりをみせ、日本でも少しずつ広がりつつあるようです。

シェアリング・エコノミーは、インターネットやソーシャルメディアの発達により可能となった新しいサービスです。

その種類は車や自転車、空き部屋など有形なものから、育児の手伝い、家事代行など無形のものまで様々です。

貸主は遊休資産の活用により収入を得ることができ、借主は所有することなくモノやサービスを安価に利用できるというメリットがあります。海外では以下の表のようなサービスがすでに広がっています。

日本では既存の業界や既得権益との衝突、法律の縛りなど、まだまだ一筋縄ではいかないところもあるようですが、新たな成長分野として期待したいものですね。

LINEからご相談・ご予約の方はこちらへ


無料相談はこちらから

ライフプランの作成や住宅購入の相談、相続の相談などお金や夢にかかわることなら何でもお気軽にご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です