エンディングノート

7a7df09cda0b747597a651d72cb88fe7_s理想の最期の迎え方や葬儀について今から考える「終活」が、高齢者を中心に広がっています。

エンディングノートとは、終活に関する希望や想いをまとめる冊子のようなものです

記入する内容は自由ですが、自分のプロフィール(連絡先、家系図、自分史など)や財産(金融資産や保険などの内容)、最期の迎え方(医療や介護、葬儀などの希望、もしものときに連絡してほしい人のリスト)などが一般的です。

エンディングノートの一番のメリットは、いざというときに、本人の希望に沿って家族がスムーズに対応することができるようになる、ということですね。

本人の意識がなくなったときの医療や介護はどうしてほしいのか、連絡して欲しい人は誰なのか、葬儀はどういった規模でどの様にしたいのかなどは、希望を叶えてあげたいと思っていても、家族側からはなかなか聞きにくいものです。

そこでエンディングノートを作成し「もしものときはこれを読んでね」と家族に伝えておけば、とても助けになります。

また、財産一覧があれば相続時の手続きもとてもスムーズになります。

ただし、エンディングノートには法的拘束力はありません。

誰にどのように相続させるかを指定する場合は、遺言書の作成検討しましょう

 

LINEからご相談・ご予約の方はこちらへ


無料相談はこちらから

ライフプランの作成や住宅購入の相談、相続の相談などお金や夢にかかわることなら何でもお気軽にご相談ください。


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください