保険を上手に活用して、相続税対策!

平成27年の相続税改正以来、相続税が気になる人が増えたのではないでしょうか?

 

昨年末に発表された平成27年に亡くなった方の相続税課税割合は8.0%でした。

その前の年(改正前)の割合が4.4%だったので約2倍近くになりましたね。

相続税対策には、節税対策と納税資金対策があります。

これらにおいて、実は生命保険はとても有効な手段となります。

 

節税対策

死亡保険金には相続税の非課税枠というものがあります。

被相続人(亡くなった方)が被保険者、かつ契約者で、法定相続人(法律で決められた相続人)が死亡保険金の受取人だった場合、「500万円×法定相続人の数」までは税金はかかりません。

例えば、

法定相続人が妻と子2人の計3人の場合、死亡保険金1,500万円分には相続税がかからない計算となります。

 

納税資金対策

相続税は原則、相続開始から10ヵ月以内に相続税の申告・納税を行わなければなりません。

納税が必要な場合は、原則現金での一括払いとなります。

例えば、法定相続人が子1人で、遺産は親が住んでいた実家のみ。

その実家を子が相続した場合、相続税がかかるとします。

でも子には十分な現金がない。。。

 

このようなことが予想される場合は、子を受取人として親が生命保険に加入します。

そうすれば、親が亡くなった時に受け取る保険金で、子は相続税を支払うことができます。

相続対策としての生命保険には、その他にも色々な使い方があります。賢く利用していきたいですね。

 

まとめ

生命保険は非課税枠を上手く活用し、また暦年贈与と組み合わせることで、簡単かつ強力な相続対策になります。

相続対策をこれから始める方は、まずは現在加入の生命保険を一度見返してください。

その上で上手に保険を活用していきましょう。

 

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】
まだ登録していない人はこちらから登録できます!
⇓⇓
http://fp-i-will.co.jp/mail/

LINEからご相談・ご予約の方はこちらへ


無料相談はこちらから

ライフプランの作成や住宅購入の相談、相続の相談などお金や夢にかかわることなら何でもお気軽にご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください