確定拠出年金の準備(税制優遇)

36415cd09c63d8164109bfacfc2dd139_s確定拠出年金で一番魅力的なのは『税制優遇』ではないでしょうか?

サラリーマンの方は保険控除・住宅ローン控除・医療費控除の3つは良く耳にして実際に知っているかと思います。これらの各種控除を使う事で、年末調整や確定申告の時に還付金がいくら戻ってきます。

確定拠出年金にもこのような税制面での優遇措置があります。
しかも確定拠出年金は運用中に税金が抑えれるだけではなく、受け取り時でも適用できる優遇措置があります。

①全額所得控除
自営の方は月68,000、サラリーマンの方は23,000円が上限として全額所得から控除されます。これにより課税所得が下がり、所得税と住民税が下がります。
例えば年収400万円のサラリーマンの方が毎月23,000円を掛け金として運用した場合、その年の所得税と住民税で合わせて8万円近くも戻ってくる計算となります。

②運用益非課税
預金にお金を預けていると1年に2回「リソク」が付いていると思います。最近の金利では数円にしかならないかもしれませんが、その数円にも20%の税金がかかっています。
確定拠出年金は毎年運用して得た利益については非課税となっています。
この非課税で残った部分が次の運用に回せるので、投資信託や株式よりも税制面でのメリットは高いといえますね。

③退職所得控除・公的年金等控除
確定拠出年金はは60歳まで下す事ができないのですが、60歳以降に下すときに「一時金」と「年金」のどちらで受け取るか選ぶことができます。
一時金で受け取った場合には『退職所得控除』が適用され、年金で受け取った場合には『公的年金等控除』が適用されます。
どちらがよりメリットがあるのかは運用で積み立てた金額や受け取るあなたのライフプランにもよりますが、どちらにしてもメリットがあることには間違いありません。

全額所得控除・運用益非課税・退職所得控除(公的年金等控除)この3つのメリットを受けれる運用方法は他にないと思います。あなたの資産をよりよく運用する方法として確定拠出年金を選択肢に入れてはどうでしょうか。

確定拠出年金の導入に関して疑問があればこちらから
⇓⇓
http://fp-i-will.co.jp/contact/

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】
まだ登録していない人はこちらから登録できます!
⇓⇓
http://fp-i-will.co.jp/mail/

 

【関連記事】
確定拠出年金の準備(金融機関の選び方)⇒http://fp-i-will.co.jp/dc_financial_institutions/

確定拠出年金の準備(NISAとの比較)⇒http://fp-i-will.co.jp/dc_nisa/

確定拠出年金の準備(コスト)⇒http://fp-i-will.co.jp/dc_cost/

確定拠出年金で節税と運用の両立 ⇒http://fp-i-will.co.jp/dc/

確定拠出年金法改正⇒http://fp-i-will.co.jp/defined_contribution_pension_act/

LINEからご相談・ご予約の方はこちらへ


無料相談はこちらから

ライフプランの作成や住宅購入の相談、相続の相談などお金や夢にかかわることなら何でもお気軽にご相談ください。


6 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください