投資が身近になり、窓口だけではなくスマホ一つで購入できるようになってきましたね。

手数料が不要だったり100円から購入出来たりと、昔に比べると購入までのハードルがすごく下がったのではないでしょうか?

でも、選択肢が増えると迷ってしまって、結局投資を始めていないという人が多いのも事実です。

そこで今回は初めての投資で抑えるべきポイントを絞ってお伝えしていきます。

①ゴール設定

一番最初に決めるのは、「ゴール」です。

大切なお金を投資という世界に旅立たせるので、「いつ」戻ってきてもらうのか決めておかないと旅立ったままになってしまいます。

車の買い替えとして10年後、子どもの大学資金として15年後、老後資金として65歳、などゴールを決めることで目的をぶらさないでお金をしっかり育てることが出来ます。

②無理なく出せる資金

ここで大切なのは「無理なく」です!

無理をすれば出せるお金では生活がきつくなってしまい、結局ストレスで別の無駄遣いがでるかもしれません。

無理をせずゆっくり、長い目線でお金を育てていくので、自分がストレスなく出せるお金の分だけを投資資金として活用しましょう。

③最悪の事態を考える

ここでいう最悪の事態とは投資したお金が無くなるのではなく、予想していない支出が発生してゴールよりもかなり手前で投資を止めないといけなくなった場合です。

投資は長くやればやるほどお金が成長する可能性が高くなります。

しかし予想外の出来事でお金が必要となることもあります。

せっかく時間をかけて育てたお金を使ってしまわないように、投資資金と同じくらいの貯蓄も考えておきましょう。

まとめ

投資を始めるために必要な3つのポイントをお伝えしましたが、結局はやってみないと分からないのが投資の世界です。

投資という言葉だけで「怖い」「詐欺っぽい」というイメージを持つ人が多いかもしれませんが、投資はお金の置き場を変えるだけだと考えています。

お金を寝たきりにするのか、旅立たせるのか、あとは行動あるのみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください