3日目「繰上げ返済の落とし穴」と効果

こんにちは。

FP Office アイルの小野です。

 

それでは、3日目のメール講座を始めて行きましょう。

今回は、

「繰り上げ返済」に関するお話をしていきます。

“繰り上げ返済”と聞くと、「できるだけやった方が良さそう」「ローン返済を早くできる」という良いイメージがあるのではないのでしょうか?

確かに、繰り上げ返済には・・・

・300万円、400万円ものお金を節約できる・住宅ローンを早く終わらせることができるという効果があります。

しかし一方で、何も考えずに繰り上げ返済をしてしまうと、思わぬ落とし穴にはまってしまう場合もあるのです。

そこで、今回のメール講座では、正しい繰り上げ返済の方法についてお伝えしていきたいと思います。

 

・・・

 

繰り上げ返済というのは、簡単に言うと住宅ローンを早く返すことです。

例えば、「少し貯金に余裕があるから、100万円を住宅ローン返済にあてよう」ということですね。

そして、繰り上げ返済には“利息軽減効果”と言って、支払う利息を減らしてくれる効果があります。

どういうことかというと・・・

住宅ローンの利息というのは、ローンの元本が大きいほど額が大きくなります。

100万円を繰り上げ返済すると、借りている住宅ローンの元本がその分減ります。

元本が減る事で、将来支払う利息を減らす事ができるのです。

これだけだとわかりづらいと思うので、実際どれくらい利息が減るのかをお伝えします。

例えば、3,500万円の住宅ローンを35年返済、フラット35(全期間固定金利)で借りていたとします。

この状況で、住宅を購入してから3年後に100万円繰り上げ返済をしたとすると、

約73万円の利息軽減効果があります。

また、同じ条件で3年ごとに100万円ずつ繰り上げ返済をすると・・・

返済期間が35年→27年になって約300万円の利息軽減効果が得られます。

この違いは大きいですよね?

繰り上げ返済だけでも、知ってるのと知らないのとではこれだけ違うのです。

300万円も節約できたら、色んな事ができますよね。

いい車を買ったり、海外旅行に行ったりなど。

もっと人生を楽しむ為に自由にお金が使えるはずです。

しかし・・・

繰り上げ返済にはある”落とし穴”があります。

このことを知らないまま繰り上げ返済を行ってしまうのは非常に危険なので、しっかりとご覧頂ければと思います。

その”落とし穴”というのは何かというと、『繰り上げ返済を無計画に行ってしまい、貯金が少ない状態になってしまうこと』です。

“繰り上げ返済をすればお得だから、どんどん繰り上げ返済をしちゃおう!”

と考えて、繰り上げ返済ばかりやってしまうと、その分貯金が減っていきます。

なぜこれが危険かというと、いざとなったときのお金がなくなってしまうからです。

例えば、

・大きな病気にかかってしまい、多額の医療費が必要になった

・突然会社を辞めることになり、収入が途絶えてしまった

・突然の災害で住んでいる家の修繕費が必要になってしまった

などなど、突然の出費に対応できなくなってしまいます。

またその他にも、「とりあえず住宅ローンを減らしたい」という一心で繰り上げ返済ばかり行っていると、

・こどもの教育資金が払えなくなってしまう

・旅行など、日々の楽しみの為に自由に使えるお金がなくなってしまう

という危険があります。

こういった状態のことを、よく”繰り上げ返済貧乏”と言ったりします。

では、一体どうすればいいのかというと・・・

 

------------------------------------------------------------------
手元にある程度のお金が残るように繰り上げ返済のプランを立てる
------------------------------------------------------------------

ということが必要になってきます。

例えば、繰り上げ返済をしても手元には必ず300万円の貯金が残るようにプランを立てていくのです。

そうすることによって、繰り上げ返済で数百万円を節約しながら、手元の資金がなくなるという事態を防ぐ事ができます。

その為には、

・こども教育費がどうなるのか?

・将来の大きな出費にはどんなものがあるのか?

・今後の収入や支出はどうなっていくのか?

など、将来の生活のこともしっかり考えて計画を立てるべきです。

そしてもう1つ、大事な事があります。

それは、前回のメール講座でお伝えした、“保険を見直しておくこと”です。

保険を見直すことができれば、月々の出費は少なくなり、貯金できるお金が増えます。

そして、その節約できたお金を繰り上げ返済に回すのです。

そうすることによって、より多くのお金を繰り上げ返済に回す事ができるようになります。

結果として、

無理なく数百万円の節約が可能になるのです。

こういった点からも、住宅を購入する際には保険を見直し、繰り上げ返済の計画を立てることは必須です。

 

・・・

 

さて、繰り上げ返済についてここまでお伝えさせて頂きましたが、理解して頂けたでしょうか?

まとめると・・・

・繰り上げ返済には利息削減効果がある

・しかし、むやみやたらに繰り上げ返済を行うのは危険

・保険の見直しを行い、繰り上げ返済のプランをたてることが大事

ということになります。

それでは、次回は家を建てる人なら必ず悩む問題である、

「ハウスメーカーと工務店はどっちがいいの?」

というお話をしていきます。

メール講座もそろそろ折り返し地点になります、楽しみにしていて下さいね。


無料相談はこちらから

ライフプランの作成や住宅購入の相談、相続の相談などお金や夢にかかわることなら何でもお気軽にご相談ください。